分譲マンション売却と買い替え

分譲マンションを売却して買い替えた体験談

買い替えをしようと思ったときに気になるのが、売るのが先か、買うのが先かだと思います。


今回のマンション売却買い替え体験談は、売るのが先になった実体験です。

実際の物件情報
場所:東久留米市
ペンネーム:T・Sさん(男性)
物件種別: 分譲マンション
購入価格:4600万円
面積:3LDK
築年数:14年

1年目の秋

共働きだったため、駅前にあるマンションの自宅はとても便利でよかったのですが、子どもが生まれて妻も勤めを辞めたので、かえって環境が良くないのではと思い、住み替えを決意しました。


買い替えについては、自宅が売れてから考えることにしました。

2年目の1月

大手の不動産会社にマンションの売却を依頼しました。


売り出し価格は2680万円です。


同時に仮住まい用の賃貸マンションと買い替えのための一戸建て探しを開始します。

2年目4月中旬

見学・内覧者は多いのですが、売却希望価格となかなか折り合いがつかず、仕方なく1000万円下げることになりました。


このときかなり気持ちが落ち込みましたが、すぐに2件の買い依頼が来たことには嬉しくなりました。


ただし、価格交渉が入ってさらに100万円下げて契約することになってしまいます。

2年目6月上旬

とうとう、自宅であるマンションの引き渡しです。


この間、購入物件探しもしていたのですが、なかなか希望に合うものがなく、とりあえず賃貸マンションに引っ越しをしました。

2年目6月下旬

休みのたびに、不動産会社回りをしていたのですが、そのうちの1社から「希望の条件に近い一戸建てが売り出された」という嬉しい連絡が届きます。


さっそく、現地に見学しに行くことに。


築13年でしたが、価格が予算内の3900万円で、環境もいいので購入を決意しました。

2年目12月中旬

新居の引き渡しです。


水回りと内装のリフォーム工事を開始しました。

3年目2月初旬

新居のリフォームも済み、晴れて入居です。


「新築にこだわらずに探して正解だった」と今では思っています。

まとめ【管理人からひと言】

いかがでしたか?


今回の不動産売却体験談は、分譲マンションを売却してから新居を見つけるという手順で行った実例です。


実際、売却と購入を同時並行で行うのは大変だから、ある程度時期を分別して進める方もいらっしゃいます。


今回の方々は、新居を見つけるまでの間、賃貸マンションに住むという選択をされましたが、中には「無駄な出費を極力避けたい」という方も一定数いらっしゃるのではないでしょうか。


そんな買い替え特有の悩みは、実際に不動産屋に対応できるか聞いてみるのも一つの手です。


実は、買い替え保証と銘打って売却代金が手元に入る前に新居を購入した場合に不動産会社が代わりに支払う「融資」と言う形をとっている会社も少なくありません。


もちろん、金利はかかりますが、それほど返済の遅くならない場合でしたら大きな問題にもなりにくいです。


イエイのオンライン査定では、買い替え保証付きの不動産会社も多く提携しています。


興味のある方は、イエイのオンライン査定を利用してみてもいいと思います。



イエイのタブレット別トップ画像

※当サイト(イエイ.jp)のTOPページへ移動します。

「いちばん高い」がみつかる価格比較サイト、イエイ。
最大6社の査定書を無料で即日お取り寄せしてくれる便利なシュミレーションサイトです。
これまでに300万人以上が利用している不動産一括査定サイトです。
「でも、顔の見えないサービスで本当に信頼できるの?」と思う方も少なくないはず。
イエイ.jpでは元業界人が自分の不動産をイエイ経由で売却してわかった評判と口コミをまとめています。
興味のある方は、イエイ.jpのトップへ移動して評判と口コミをチェックしてみてください。